日本人は、真面目だにゃ。

 

私のところに訪れる、クライアントさんは、

皆さん 真面目な方が多いですね。

 

そして、

話を聞くと、『母親(or 父親)』からの呪縛に、

とらわれていることも、多いです。

 

色々な生活習慣、価値観、考え方を、

会得し 広げていく「幼少期」を、

どんな風に 過ごしたかが、

 

今の自分に 影響を与えていることは、

想像できるかと思います。

 

 

「インナーチャイルド」が 苦しんでいる状態を、

嘆いたり、苦しんだり。

 

親を恨んで、今を諦めてしまうことも、

あるかもしれません。

 

私自身も、

長い間、そうでした。

 

とにかく「(親から)離れたい」と、

早くに 結婚したりしました。

 

でも、「離れる」だけでは、

あまり 良い、すっきりした解決に ならず、

向き合うことに なるんですけどね!

 

どう 向き合ったか、、

なかなか、

時間が かかるものです (≧ヘ≦ )

 

ですが、やはり

「ヒプノセラピー」は、

私を かなり助けてくれました。

 

「インナーチャイルド」は、

無意識領域である『潜在意識』に います。

 

ですので、

日常的に 会ったり 感じたりは、

少し 難しかったりします。

 

「ヒプノセラピー」は、

意図的に「インナーチャイルド」に 会うことができます。

 

言葉を交わし、

抱きしめたり、慰めたり、

自分で 自分の「インナーチャイルド」を、癒すことが できるのです。

 

ヒプノセラピー後は、

日常の生活の中でも、

「インナーチャイルド」を、

感じることが 出来るようになります。

 

 

昨日のクライアント Sさんも、

とても 素敵な活動をしていて、

 

はたから見ると、

華やかで 明るくて、

一見、人生を謳歌しているように 写ります。

 

ですが、

あと 1歩!の ところで、

とどまってしまっている、と

Sさん自身が感じていて、

 

ヒプノセラピーを受けに、

通ってくださっています。

 

その「あと1歩!」というのが、

幼少期の実母との関係性 から、きています。

 

真面目で、努力な人 の Sさん、

ちょっと 私と似ています。(←言ったな。笑)

 

日本人て、

本当に 真面目な人が多いですね。

 

これは、

とっても 素晴らしいことですが、

行き過ぎると、ウイークポイントになります。

 

そして、

この「真面目さ」が、

親からの呪縛からだったりすると、

それは 必ず、後になって 自分を苦しめることに なりますからね。

 

今でこそ、私も

高田純次風に、所ジョージ風を、めざして

生きられるように なりましたが、

 

なかなか、

この「真面目さ」に、苦しめられ、

時間が かかりました。

 

でも、

諦めないで、向き合うこと、

これしかないです。

 

そして、

「向き合う」って、

そんなに 苦しいことじゃ ないですよ。

 

「向き合う」ことは、

自分を愛してあげる作業ですからね。

 

今 私は、

大っ嫌いだった父親が、

そんなに 嫌いじゃないです。(好き、ではないけど。笑)

 

我が子が 生まれた時、

父親にだけは「抱っこさせたくない!」と、

思っていたくらいでしたから。

 

今は、

「じいじと 買い物行っといで ♪」

「じいじに 頼んで やってもらいなー。」

と、普通に わだかまりなく、

私とも 孫とも、良い関係に なっています。

 

一生、こんな日が来なくても いい!と、

恨んでいた頃は、思っていたけど、

 

やっぱり、

意味あって 親子になったのだから、

仲良くできたら、嬉しいものです。

 

ですが。

必ずしも、良い関係になることが「◯マル」では、ないです。

 

私は、

自分の心と 折り合いをつけたら、

父親が許せた、という結果なだけで、

 

自分の心の 折り合いが、

「離れていることに、罪悪感を持たないこと!」だったり、

「親の問題を、引き受ける必要はない!」と 感じたら、

自分に、そうしてあげることが、一番だと 思います。

 

親との関係性で、

わだかまりが 残ってるかも、という方は、

一度 「インナーチャイルド」に、会いに来ませんか?