「ヒプノセラピー」あなたのインナーチャイルド、元気かな?

 

先々週の お話。

 

思春期 真っ只中の、

お子さまとの関係で、悩んでいる Sさん。

 

遠く離れた、県外から

ライン通話で ご相談いただきました。

 

 

うちにも、いるいる (^w^)

「とりあえず、言い返してみよう!」キャンペーン中の、中2男子が。(笑)

 

とっても 状況は よくわかりますよ!

 

 

ママも、人間だもの。

とっても 真面目で、頑張りやさんです。

 

ほんとに、

世の中のママは、頑張ってます!

 

 

今回、紐解いていくと、

その「悩み」や「問題」(のように見える事)は、

そこにあるのではなくて、

 

もっと 深いところに ありました。

 

ずばり 根っこは、

ご本人の、インナーチャイルドでした。

 

Sさんの、インナーチャイルドが、

深く傷ついていたまま、

放っておかれたことが、原因でした。

 

一見、

親子関係が原因のように 見える問題、

実は、子どもさんは 関係なかったりするんですね。

 

だって、

お子さんは、大抵 魂レベルは親より高く、

親を『助けるため』に、いるのだからね。

( 子ども時代だけですが。)

 

 

「インナーチャイルドが、傷ついたまま」を、

見てみぬふりを していると、

色々な場面で、影響してきます。

 

関係ない場面でも、

ブレーキが かかることも、多いです。

 

大抵、そのままにしている人は、

 

「もう、今は 大丈夫」とか、

「親も、大変だったよね」とか言って、

許そうと 頑張ったり。← 優しいからね、みんな。

 

「他の人に比べたら、大したことない!」と、

無理やり 納得したりします。

 

でも。

インナーチャイルドは、

「ぜんぜん、大丈夫じゃない。悲しいよ!」

「許せなーい!プンプン。」

って、なったままかもしれません (≧▽≦)

 

 

まあね、

インナーチャイルドが、傷ついていない人って、

ほぼ 一人もいないんじゃないかな。

 

生きてるんだもの。

何かしら、あったでしょ?!

 

インナーチャイルドと、

仲良くなって、癒してあげる、というような、

「向き合い」を、

何度も何度も、こまめに やってあげると 良いです。

何度も 何度も、見てあげるんですね。

 

 

「ヒプノセラピー」は、

一気に、

インナーチャイルドと自分自身を、

深く「癒せる」ので、

一度 受けていただくことを オススメします。

 

ですが、

今回の Sさんのように、

気軽にサロンに来れる状況にない方には、

 

『自分で出来る、インナーチャイルドの癒し方』が ありますので、

そちらを、お伝えしています。

 

そうなんです♡

インナーチャイルドは、自分で癒せるのです。

 

よかったら、

セッションの中で、お伝えしますね。

 

では (^^)

また 書きますねー。

 

 

最近、眠くて 書いてなかったなー。